ウェディングブログ

結婚式 両親相談しないといけないこと

【結婚式準備】トラブル回避のために知っておくべき“親に確認すべき5つのこと”

何でも2人で決めてきたお付き合いのときと違って、結婚式の準備は2人だけで決められない、決めない方が良いことがいくつもあります。

早まってご両親への相談なしに2人で決めてしまうと、後でトラブルの元にも…。
皆んなが揃って笑顔で結婚式を迎えることが出来なくなる可能性もあるのです…。

そこで今回は、結婚式の準備をはじめるなら知っておいて欲しい【親に確認すべき5つのこと】についてご紹介します。

【結婚式の準備】ご両親になぜ確認が必要なのか

結婚式を両親に確認する理由

一昔前まで、結婚式とは「自分たちの娘(息子)の結婚のお披露目をする場所」とされていました。つまり、親が主催し結婚式を行っていたのです。だから結婚式の準備を進めるのは主に親の役目。費用はもちろん、結婚式の手配も親が全面に出ていた時期がありました。

しかし時代は代わり、今の主流は新郎新婦が主だって結婚式の準備を進めることが多くなっています。とはいえ、ご両親世代にはまだまだ少し前の価値観である「結婚式は親が決めるもの」の考えをお持ちの方も多くおられます。

また地域や風習の違いにより、ご両親世代でも住んでいる場所や育った環境によって価値観が違う場合もあります。両家によって違った考えを持っていることも少なくないのです。

このように世代や風習、習慣の違いから結婚式の準備を進めているとあらゆる場面で「価値観の違い」を感じることがこれから沢山出てきます。これらは誰も間違ったことを言っている訳ではなく、全ては「より良い結婚式を挙げるため」に思いを伝えているだけ。

だからこれから結婚式準備の中では、それぞれの価値観を尊重しながら丁寧に話を進めていく必要があります。

そこで次の章では、具体的にどんなことをご両親に確認すべきなのかをご紹介します。

【結婚式の準備】親に確認すべき5つのこと

ここでは結婚式の準備をはじめるときに、具体的にご両親に確認しておいた方がよい5つのことをご紹介します。トラブルになる前に知っておきましょう!

結婚準備のファーストステップ!結婚式場は勝手に決めない!

結婚式場を勝手に決めない

「好きに決めてきていいよ」表向きはそう言っていても、内心は「どこで決めてくるのかしら?」「いつの結婚式で申込みをするのか?」と心配しているのが親心。結婚式場を2人で見学に行ったとしても、ご両親の了承無しに勝手に式場と結婚式の日を決めるのは大変危険です。

特に「結婚式の日」に関しては、お日柄を気にしているご両親が沢山います。新郎新婦世代にとってはあまり気にしなくなっているお日柄。中には「仏滅で安くなるならラッキー♪」位に思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、ご両親世代にとってお日柄はまだまだ気にしておきたいポイントでもあるんです。

気に入った結婚式場があったら、仮予約にとどめておいてご両親に確認をしてから正式に申込みをしましょう。

意外と気にしてる「招待状の差出人は誰?」

私が現役でプランナーをしていたときも、新郎新婦のお2人から「そこ親って気にしてるんですね!」とよく驚かれていたのが、この「招待状の差出人欄」です。

これこそ、ご両親世代と新郎新婦世代の価値観の違いが現れている部分。
結婚式の招待状の差出人欄は「結婚式の主催者」を表します。だから、一昔前は当然の如くご両親の名前で出していました。そのため、ご両親はいくら時代は変わっていると思っていても、ここは変わっていないと思っている場合も少なくありません。

差出人欄が誰かによって、招待状の文面も変わってきます。招待状には投函時期の目安(結婚式の約2ヶ月前の大安)も決まっていることから、印刷してしまった後に「やっぱり両親の名前に変更したい!」となり再印刷となっても時間が無く対応出来ないこともあります。だから、印刷に入る前の校正を作る段階で、ご両親に差出人欄は誰にしておくべきなのかをしっかり確認しておきましょう。

地域や風習の差が大きい引き出物は必ずご両親チェックを!

引き出物や引き菓子、縁起物といったゲストへの贈答品に関しては、品数や費用の掛け方に地域差がかなりあります。

例えば、ゼクシィのトレンド調査2016によると、一人に掛ける引き出物の費用は北海道であれば平均3200円程度。それが富山や石川、福井などの北陸地方になると10,000円を超えています。このように、例え結婚式を東海地方で行うにしてもご両親の出身地によって「贈答品に掛けるべき費用」の価値観は大きく異なります。

贈答品は、必ず両家同じものでなくても大丈夫。また、新郎新婦との間柄(親族や、友人、会社関係など)によって贈り分けをすることも可能です。引き出物の袋は同じ物になりますので、内容が違っていたとしてもゲストが気付くことは殆どありません。

引き出物は「ご両親からゲストの皆さんへ」という意味は共通しています。つまり、間違った引き出物をチョイスしてしまうと、ご両親に恥ずかしい思いをさせてしまうことにも繋がります。

贈答品選びは、ご両親チェックをしっかり通し…

  • 何を贈るのか
  • いくら掛けるのか
  • 何品贈るのか

は必ず確認しましょう。

“誰がどこに座るのか”は結婚式を楽しむための下準備でもある

結婚式の座席表の決め方

結婚式のとき、誰がどこに座るのかという「配席」。これは、テーブルの並びや一つのテーブルの中でも上座下座があるのはご存知ですか?

ご親族間によっては“長男は絶対的な存在”だったり“そんなの全くに気にしていない”など両家によって様々な価値観があります。そのため、テーブルの中で誰が上座に座るのかもご両親によっては気にしている方もおられます。

一つのテーブルに座れる人数も限られている中で、更に上座下座を気にしながら決める配席は決定までに意外と難航するものです。友人や会社関係は自分たちで決めるとしても、親族関係の配席は自分たちの中で決めずにご両親に確認をしながら、一緒に決めていきましょう。

料理は「親のメンツ」にも関わってくる!

新郎新婦世代よりも沢山の結婚式に出席しているご両親世代。当然、結婚式の料理も沢山召し上がっていて良し悪しもご存知です。また、料理に使われている素材次第で料理のランクが一目瞭然で分かってしまうもの…。
だから、結婚式で提供するお料理にこだわりをもっておられるご両親も沢山おられます。

ベストは結婚式場で試食会があればご両親にも一緒に出席してもらうこと。実際食べてもらって、内容をチェックしてもらう方が、ご両親に一番伝わりやすく安心してもらえる方法です。

結婚式に招待されたゲストが一番楽しみにしているのは「お料理」です。それを充分に知っているご両親だからこそ、一番気にしている部分でもあります。新郎新婦世代にも「結婚式の中で一番のこだわりはお料理」という方も多いですよね?

出来れば結婚式で提供するお料理は、新郎新婦の2人だけで決めるのではなく、ご両親も含めて皆んなで一緒に決める方が良いでしょう!

まとめ

結婚式の準備をはじめるなら知っておいて欲しい、ご両親に確認すべきことをまとめてみました。

価値観の違いや風習の違いを大きく感じることになる、ご両親の意見。でも全ては、大切な我が子の結婚式をより良いものにしたいというご両親の愛情が故です。

結婚式の準備はポイントで必ずご両親チェックも通し、皆んなが安心して結婚式を迎えられるよう丁寧に進めていきましょう♪

名古屋 岐阜 愛知 エンドロールムービー Focus-i Film

お問い合わせ

名古屋 ブライダル ウェディングムービー 映像制作会社

「ホームページを見ました!」とご連絡ください。

岐阜 愛知 結婚式 映像 ビデオカメラマン 

メールのお問い合わせは24時間以内にご返信をさせて頂きます。

関連記事

  1. 結婚式オープニングムービー業者
  2. 結婚式 持ち込み 披露宴 カメラマン
  3. 船上 結婚式
  4. ブライダルエステ いつから 通う

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

▼スマホ1台でムービーを作る方法▼

<余興ムービー制作会社>

<スポンサードリンク>

おすすめエンドロール

名古屋 撮って出し エンドロール

持ち込みエンドロールでお客様が大満足!詳しくはこちら

PAGE TOP