ウェディングブログ

料理の選び方

【結婚式の料理の選び方】を元プランナーが解説します!

結婚式に招待されたゲストが、最も楽しみにしている料理☆
新郎新婦おふたりとしても、ゲストをもてなすアイテムとしてもっとも重要と考えているひとも多いですよね!

けれど多くの人にとって初めての結婚式準備……。
「結婚式の料理ってどうやって決めたらいいの?」そう疑問に思う人も多いと思います。

今回は元プランナーの筆者が、結婚式でゲストをもてなす料理の決め方について徹底解説!
「婚礼料理」の基本、そして料理を決めるときのポイントをご紹介します。
これから結婚式の料理を決めようとしているあなたに参考になりましたら幸いです……。

結婚式の料理【基本】を知る!

結婚式の料理を迷ったときには
まずは、結婚式の料理『婚礼料理』について基本を知っておきましょう!

結婚式の料理といえば……

結婚式で提供される料理の種類やスタイルについてご紹介します。

料理は主に4種類

婚礼料理の種類は主に4種類あります。

    • フランス料理

結婚式だけではなく社交界や、国賓級のゲストをもてなす料理として定番になっているのがフランス料理です。高級食材を使用して、彩り豊かな盛り付け、そして美しく整えられたナイフやフォークで召し上がるフランス料理は正に「特別な場所」にピッタリの料理です。

    • 折衷料理

日本料理とフランス料理の要素を組み合せたスタイルが折衷料理。
年配のゲストが多い結婚式では支持されることの多い料理スタイルです。食材はフランス料理でも使用するものを選んで、味付けだけは和テイストに。ほんの少し日本食よりに味付けを変えるだけで、うんと身近に感じていただけます。

    • 和食

結婚式で提供される和食は「会席料理」です。
お膳でいただくのではなく、フランス料理や折衷料理と同様にコース料理で1品ずついただくスタイル。
お造りや椀物など料理の中には、身近なものも多いため、ゲストが年配中心の場合には選ばれることが多いですね。また、結婚式全体のテーマを「和婚」にするなら、料理だって徹底的に「和」を意識したチョイスにするのも◎

    • イタリア料理

イタリア料理の場合は、コース料理の中にパスタなどボリュームのある料理が含まれているため、他の料理に比べて品数は1〜2品ほど少なくなっています。
友人中心の結婚式などにはおすすめのイタリア料理。普段のイタリアンとは少し違った高級食材を使用した『特別なイタリアン』を楽しんでもらえますよ♪

コース料理が定番

料理を食べるスタイルと言えば大きく分けて2パターンあります。

  • コーススタイル
  • ビュッフェスタイル

先輩カップルの93.6%が選んだのは、コーススタイルでした。
結婚式には新郎新婦おふたりの同世代ばかりではなく、年配ゲストもたくさんおられます。そう考えると、座っていればサービススタッフが運んできてくれるコーススタイルの方が、ゲスト全員がゆっくり料理を楽しんでいただけますからね♪

ただビュッフェにも、自分で取りに行かなくてはいけないというデメリットがあるものの、取りに行った先で同じテーブル以外のゲストとも話す機会があるというメリットもあるんですよ♪

ゲストの層や、どんな結婚式にしたいのか……などを基準に、料理スタイルを選ぶようにしましょう!

先輩カップルが選んだ料理はNo.1は

ゼクシィ結婚トレンド調査2017では、先輩カップルがどのジャンルの料理を選んだのかもアンケートを取っていました。

その結果は、こちら!

  • フランス料理 57.9%
  • 折衷料理 20.6%
  • 和食 7.8%
  • イタリア料理 3.5%

このように、半分以上のカップルが選んだのは「フランス料理」でした。
フランス料理といえば、おもてなし料理の代表格。正式な外交儀礼の場などでも、多く採用されている料理です。

華やな彩り、そして高級食材の使用など、普段なかなか口にすることの少ないフランス料理は、結婚式という特別なシーンにぴったりです☆

気になる料理の相場

先輩カップルが、どんな料理を選んでいるのかと同時に「いくらくらい料理に、費用をかけているのか?」も気になりますよね。

ゼクシィ結婚トレンド調査2017によると、料理に掛けた平均費用は1万5800円との結果が。
詳しい内容は「【結婚式の料理費用】先輩カップルはいくら掛けてる?実例でチェック」でご紹介しています。

どのコースにするか悩むときには……

どのコース料理に悩む時のポイント

でも、いざ結婚式の料理を決めようと思うと、どうしても迷ってしまいますよね。
そこでコース料理を決めるときのポイントについて解説していきます!

ポイント1・料理を決める上で必須は【試食会】

結婚式の料理を決めるときには、できるだけ試食会に参加をしてください。

試食会といえば、ブライダルフェアで試食会を開催している式場も確かにあります。
ですが、ここでいう試食会は成約後の試食会。

有料になっていることがほとんどですが、結婚式本番で提供されている料理をフルコースで食べることができます。
ブライダルフェアでは、フルコースの料理を試食できるところは少なく、式場を決める時の判断基準にはなっても、結婚式本番で出すお料理を決めるのは難しい場合もあります……。

ですので、フルコースの料理を確認することができる試食会への参加はおすすめなんです♪
味だけではなく、見た目の華やかさや、ボリュームなど実際食べ比べてみると、とても決めやすくなりますよ!

料理に関しては、ご両親も気にしがちなポイント。可能であれば、ご両親にも試食会には参加していただきましょう♪

ポイント2・結婚式の料理を決める基準はゲストの顔ぶれ

料理を決めるときに大切になるのが、ゲストの顔ぶれ。

例えば、親族中心の食事会なら、料理のベースはフレンチでも、少し和のテイストが入っている折衷料理の方が馴染みがあるかもしれませんね♪

一方、友人中心のカジュアルな結婚式なら、コーススタイルよりも動きのあるビュッフェスタイルの方が盛り上がるかも☆
質を重視したビュッフェなら、いつも友人同士で行くようなレストラン料理とは差別化が出来て、きっと楽しんでいただけるはず!

ゲストの層にあった料理を提供するようにしましょう♪

ポイント3・「フレンチってみんな食べ慣れないんじゃ……」と心配

筆者がプランナー時代、フランス料理の事を説明するとお客様に何度もこんなことを聞かれました。
「フレンチって、みんな食べ慣れないから、大丈夫かな……」と。

確かにご年配世代のことを考えると、ナイフとフォークで食べるような料理は、少し心配ですよね。

ですが、多くの式場はナイフとフォーク以外に、お箸も一緒にテーブルの上に備えています。
また希望があれば、メインのお肉料理などはナイフとフォークを使わなくて良いように、小さく切り分けてサービスしてくれる場合も。

式場側は、食べるときの負担が極力少なくなるように、様々な配慮をしてくれます。
料理を選ぶときに、心配ごとがある場合には、遠慮なく担当のプランナーさんに相談してみてください♪

まとめ

結婚式の中でも、いちばん大切なおもてなしアイテム「料理」の種類や選び方などについてご紹介させていただきました。

このように、先輩カップルに人気なのはコーススタイルのフランス料理。相場は1万5800円になっているそうです。
ゲストの期待が高い料理は、やっぱりこだわっておきたいポイント。

みんなの笑顔を思い浮かべながら、新郎新婦おふたりだけではなく、料理を気にしがちなご両親も含めてみんなで相談しながら決めてくださいね!

また、おもてなしを気にするなら「【おもてなし上手な花嫁】になるための大切なゲストケアを知る」も合わせて読んでみてください。
料理に関するおもてなしの方法だけではなく、お子様や妊婦さんなどケアが必要なゲストにどんなおもてなしをするべきかを詳しく解説しています。

名古屋 岐阜 愛知 エンドロールムービー Focus-i Film

お問い合わせ

名古屋 ブライダル ウェディングムービー 映像制作会社

「ホームページを見ました!」とご連絡ください。

岐阜 愛知 結婚式 映像 ビデオカメラマン 

メールのお問い合わせは24時間以内にご返信をさせて頂きます。

関連記事

  1. 結婚式 持ち込み 裏技
  2. 修道院挙式多治見カトリック教会
  3. 結婚 報告
  4. 銀座ダイヤモンドシライシ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

▼スマホ1台でムービーを作る方法▼

<余興ムービー制作会社>

<スポンサードリンク>

おすすめエンドロール

名古屋 撮って出し エンドロール

持ち込みエンドロールでお客様が大満足!詳しくはこちら

PAGE TOP