カメラマン・スタッフ紹介

スタッフ紹介

加藤一輝(34):代表/ブライダル歴11年

0140

新郎新婦に安価で高いエンドロールを提供することが仕事
どうもはじめまして、加藤一輝と申します。Focus-iのサイトをご覧頂き、誠にありがとうございます。ちょっと真面目な写真です、スイマセン・・・怖いですね(笑)

私は21歳に映像業界に入りました。初めは文化ホール等で行われるイベント(ピアノ発表会、ダンスイベント)等の撮影を行いました!。その後、名古屋市にある各テレビ局のカメラアシスタントとしていろんな経験を積ませて頂きました。

その時には皆さんご存知【中学生日記】のドラマ撮影も何度も行きました。時にはカメラマンの代わりにカット割り等を提案させて頂いたりもしました。(今考えると生意気ですが・・・)

そして、2005年に行われた愛知万博ではEXPOドームで毎日行われていたイベントの撮影を行っていました。ダンス、オーケストラ、ミュージカル等いろんな経験を積ませて頂きました。

カメラマンの楽しさを覚えて2005年の秋より結婚式の撮影を行うようになりました。それから個人で結婚式の撮影を承るようになって、今ではホームページをご覧頂き、多くのお申し込みを頂きます。持ち込み専門カメラマンとして今も活動しています。

私たちが新郎新婦に届けたいこと

IMG_0064

私がブライダル業界で敢えて持ち込み専門でカメラマンをさせて頂いているのには理由があります。結婚式のビデオの価格が非常に高いからです。これはお客様にとって非常に良くないことだと感じで、この業界の図式をどうにかできないかと考えて、2010年よりホームページを立ち上げて直接お客様からご依頼を頂いています。

二人が一生見返したくなる映像作りを心がけています。エンドロールムービーを披露宴の最後だけでなく、二次会で上映できるようにして頂いたり、改めてBlu-rayで納品をさせて頂きます。それは当日納品したDVDよりもBlu-rayが綺麗だからです。今後はスマートフォンで映像をいつでもご覧いただけるようにスマートフォン用にデータを納品することも計画しています。

結婚式の映像をご覧いただく機会を増やすことで、お二人が夫婦の初心に戻れるのではないかと思っています。

 

加藤健太:エンドロール専門撮影スタッフ/ブライダル歴9年

IMG_0113

はじめまして!エンドロール専門カメラマンの加藤健太と申します。エンドロール撮影の仕事をはじめて9年が経ちます。これまで、通算100組以上のお客様の撮影に立ち合わせていただきました。

自分にとっての9年は、失敗アリ成功アリのあらゆる経験を積むよい時間でした。その経験があるからこそ思う事、[一生に一度の大切さ]です。

新郎新婦様にとっての晴れ舞台でもあり、来賓の方々やご友人・ご家族の皆様にとっての晴れ舞台でもあります。その場に居合わせた全ての人の[一度きりの大切な時間]だからこそ、その繋がりをなんらかの形で映像に残してあげる。そんな事を考えながら日々撮影に望んでいます。

こんな真面目な事を考える反面、現場では新郎新婦様をいかにして笑わせてやろうか!?なんて事も考えながら楽しく撮影に望んでいます。

楽しくそして真面目に、皆様の大切な時間を私達が演出いたします。お気軽にご相談ください!!

PS.最近、新郎新婦様にバレーボール日本代表の清水選手に似ていると言われ若干テンションが上がりました。笑

IMG_0118

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは 0120-689-797 までお願い致します。
「サイトを見た」とご連絡下さい。時間帯は8時~22時まで受け付けております。加藤が電話に対応させて頂きます。撮影や打ち合わせの場合もありますので、留守番電話にメッセージを残していただけると助かります。

メールでのお問い合わせは以下よりお問い合わせ下さい。
24時間以内にご返信させていただきます。メールアドレスの入力ミスがある場合がございますのでご確認頂き、お問い合わせをお願い致します。

メールお問い合わせフォーム

お名前 (必須)

お電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

内容 (必須)

お問い合わせ内容

PAGE TOP