ウェディングブログ

名古屋最古の料亭がウェディングスペースに!THE KAWABUN NAGOYAに映像カメラマン持ち込みについて伺いました!

<スポンサードリンク>

名古屋最古の料亭「河文」の伝統を残しつつ、現代のスタイルに合わせてリノベーションをされウェディングスペースとして生まれ変わったTHE KAWABUN NAGOYAさん。結婚式だけではなく、レストラン営業もされており、結婚式が終わった後もずっとお付き合いの出来る結婚式場です。そんなTHE KAWABUN NAGOYAに映像カメラマンの持ち込みについて伺いました。

映像カメラマンの持ち込みについて

THE KAWABUN NAGOYAさんに映像カメラマンの持ち込みについてお伺いしました。

その結果、THE KAWABUN NAGOYAさんではカメラマンの持ち込みは難しいとのこと…。ただし、参列者の一人としてカメラマンが入ることは出来ます。

どうしても、THE KAWABUN NAGOYAさんで映像撮影のカメラマンを持ち込みしたい場合には、そんな方法もあるので検討してみてください。

 

また、もしTHE KAWABUN NAGOYAさんで記録撮影を注文する場合には、複数のビデオ業者さんと提携があるそうです。どうしても持ち込みが厳しそうな場合には、このいくつかの業者さんの中から自分のセンスや予算に合いそうなアイテムを選ぶ方法もあります!

 

多くのゲストハウスでは、基本的に持ち込み…特にスタッフ関係の持ち込みが難しいということがあります。会場によって事情は異なりますが、自社でカメラマンを抱えていたり、業者と専属契約を結んでいる場合などが理由です。

とはいえ、それは結婚式場側の事情…。新郎新婦側の立場としては「気に入った商品を」「出来るだけ予算内で」とは思いますよね。

 

もし雰囲気が気に入った会場で、持ち込みが禁止!となっていても持ち込みたい物がある場合には、すぐに諦めず会場側と交渉してみるのも1つの手です。
交渉のベストタイミングは、結婚式場を申し込む前!このタイミングが一番交渉を受け入れてくれるタイミングです。
「この式場を申し込みたいのに、あとは【持ち込みを許可してもらうだけ!】」な状況になれば、結婚式場側も譲歩してくれることが多くあります。

 

折角の一生に一回の結婚式。出来るだけ気に入ったものに囲まれながら、出来るだけ予算内に収めるためには、タイミングを見計らった持ち込み交渉も有効的です。
後悔の無いように、出来ることは挑戦してみてください!

持ち込みに関するポイントをこちらで紹介しています☆
「結婚式場に持ち込みを確実に行う方法!?プランナーの心理を逆手に!」

THE KAWABUN NAGOYAの3つの特徴

【出典:THE KAWABUN NAGOYA公式サイト
歴史と伝統を大切にしながらも、レトロモダンな雰囲気で訪れる人を魅了するTHE KAWABUN NAGOYAの魅力を改めてご紹介します。

<スポンサードリンク>

一生に一度の特別な場所として選ばれる理由「唯一無二のレトロモダン空間」

名古屋最古の料亭である「河文」。その一角を受け継ぎ、歴史と伝統は継承しつつ、新たに現代に相応しいスタイルミックスされ、都心にいることを忘れてしまいそうな特別な空間がとても魅力的です。

訪れたゲストが名古屋らしさを楽しめるよう、館内には至ところに「名古屋らしさ」が感じられるインテリアにも注目。階段に設けられた錦鯉の滝登りや、繊維街として栄えていた名古屋にちなんだ名古屋帯、屏風絵など館内を歩くだけでも、充分楽しむことが出来る施設です。

結婚式を待っている間も、ゲストにはリラックスしながら過ごしてもらいつつ、名古屋の魅力を伝えることも出来ます。

 

幅広いゲストのことを思う料理はお箸で食べられる「ジャパニーズキュイジーヌ」

THE KAWABUN NAGOYAさんの披露宴会場にはオープンキッチンが備えられていています。キッチンからこぼれる料理の匂いに、ゲストは料理に対し期待に胸をふくらませるでしょう♪更に、キッチンからシェフが披露宴の進行具合を確認しつつ、ベストタイミングを見計らってサービスされ、もちろん料理は出来立てほやほや。

料理内容はジャパニーズキュイジーヌが提供されていて、馴染みのあるお箸で食べられるスタイルになっています。
結婚式といえば、ナイフフォークを使ったフレンチが多い中「幅広い年齢層のゲストに気兼ねなく料理を楽しんでもらいたい」というTHE KAWABUN NAGOYAさんの計らいです。

 

光の輝き、木の温もり、水のせせらぎが感じられる披露宴会場

THE KAWABUN NAGOYAさんでは4つの披露宴会場が設けられています。いずれの会場も、天井まで届く大きな窓から、沢山の光りが差し込みとても明るい披露宴会場に。更に、その窓の奥には四季折々の緑を楽しむことが出来る庭園や池を眺めることが出来ます。都心にいること忘れてしまいそうな、ここにしかない特別な空間に、ゲストも心からリラックスしていただけるのではないでしょうか。

また、最上階に位置するパーティールームは、テラスも設置されています。ワンフロアを使って開かれる披露宴は、まるでホームパーティーのような温かさに…。沢山の緑に囲まれながら、くつろぐ事の出来るこんな空間なら、ゲストの自然な笑顔溢れ一生の思い出となる素敵な写真が残せるはず…。

 

まとめ

持ち込みはなかなか難しいTHE KAWABUN NAGOYAさんですが…、写真を見てもお分かり頂ける通り、会場の雰囲気は本当に素敵です☆和にも洋にもあう抜群のセンスと空間は、正に「非日常的」といえます。ブライダルフェアも頻繁に行われているようなので、気になる方は是非足を運んでみてください♪

名古屋 岐阜 愛知 エンドロールムービー Focus-i Film

お問い合わせ

名古屋 ブライダル ウェディングムービー 映像制作会社

「ホームページを見ました!」とご連絡ください。

岐阜 愛知 結婚式 映像 ビデオカメラマン 

メールのお問い合わせは24時間以内にご返信をさせて頂きます。
<スポンサードリンク>

関連記事

  1. 結婚式 ムービー よくある質問

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

▼スマホ1台でムービーを作る方法▼

<余興ムービー制作会社>

<スポンサードリンク>

おすすめエンドロール

名古屋 撮って出し エンドロール

持ち込みエンドロールでお客様が大満足!詳しくはこちら

PAGE TOP