ウェディングブログ

一眼レフでオシャレにハイクオリティに記録を残す!映像制作会社HAPPY MILLION FILMSの魅力をご紹介


結婚式の記録を映像として残すのは、決して安い買い物ではありません。なのに記録映像の購入は、ドレスや招待状などの出来上がった状態のものを事前に確認して購入するのではありません。そのため、記録映像を購入するときには、仕上がりに信頼をゆだねられる映像制作会社選びが大きなポイントにもなるんです。

そこで今回ご紹介したいのはHAPPY MILLION FILMSさん。
近年話題になっている一眼レフでの記録撮影をなさっている映像制作会社です。HAPPY MILLION FILMSさんは一眼レフを使った「オシャレ」…という言葉だけで片付けてしまうのは、大変失礼にあたるのではと思ってしまう程、ストーリー性もあり、その映像美にも見入ってしまう作品の数々を提供されています。

ここでは、そんなHAPPY MILLION FILMSさんの魅力をご紹介したいと思います。

HAPPY MILLION FILMSのプロフィール

【出典:HAPPY MILLION FILMS公式サイト

HAPPY MILLION FILMS 代表 福万義浩さんについて

HAPPY MILLION FILMSさんの代表は、福万義浩(ふくまん よしひろ)さんです。
ここで、簡単にプロフィールをご紹介します。

【出典:HAPPY MILLION FILMS公式サイト
▼▼ 経歴 ▼▼
広島県生まれの福万さん。明治大学をご卒業後は、番組制作会社に勤務され主にバラエティー番組の制作に携わっておられたそうです。
番組制作のお仕事に携わっておられた関係から、ご友人の結婚式の映像制作を頼まれることも増え、そこで結婚式の撮影に興味を持たれたのが、後にウェディング関係の映像を制作するきっかけとなりました。

その後、一旦生まれ故郷でもある広島に戻られウェディング関係の映像制作会社に勤められます。そこで「映画のように、これまで別々の道を歩んできた新郎新婦のショートストーリーを作りたい」(HAPPY MILLION FILMS 公式サイトより)と思いを強くもたれるようになりました。

そして2017年HAPPY MILLION FILMSを創立するに至ります。

HAPPY MILLION FILMSのコンセプトとは?

HAPPY MILLION FILMSさんは「結婚式」当日だけではなく、そこに至るまで、そしてその先も全てを大切にするというコンセプトを掲げてらっしゃいます。
そのため、HPのサンプル映像で紹介されているムービーは、結婚式の準備から収められています。

元プランナーである筆者もこの「結婚式の準備」も、結婚式の大切な思い出作りの一環だとずっと思っていました。なので、勝手ながらHAPPY MILLION FILMSさんのコンセプトには強く共感します。
それまでの軌跡があるから、あの華やかな結婚式がある。そこに行き着くまでには、決して単純な準備ばかりではなく、山あり谷ありで結婚式を迎えます。
むしろ、そんな山あり谷ありがあった方が、結婚式の感動はより増すのではないかと、数百組の担当をさせていただいて痛感していました。

それまでの経緯も含めて、映像を通して結婚式当日ゲストに伝え、そして何よりそれを記録として残すことで、新郎新婦二人にも一生の思い出として映像が残ります。

結婚式だけではなく、それまでもこれからもを大切にしてくださっているHAPPY MILLION FILMSさんならでは着眼点は、これまでの結婚式の映像制作会社においてありそうで無かった着眼点でもあり、とても魅力的です。

HAPPY MILLION FILMSをおすすめする理由

新郎新婦に寄り添う姿勢が本当に感じられるカメラマン

通常結婚式の記録映像は、ある程度決まったフォームや撮影パターンがあってそこに、注文くださった新郎新婦の姿を重ねるというパターンが多くあります。
しかし新郎新婦によって、結婚式への思いも違えば、重視している部分も違います。もちろん残しておきたい部分も結婚式の数時間の中でも違うものでしょう。だからパターンがあってはならないものなのかもしれません。

福万さんも、長年結婚式の現場を経験なさったからこそ、パターン化されていないヒアリングを重視した作品作りの重要性を訴えられています。HAPPY MILLION FILMS公式サイトの中でも結婚式の映像制作会社から独立されるきっかけになった経緯を…

様々な新郎新婦のコンセプトムービーを制作することで培ったストーリー性をもっと更に重視したムービーを制作したいため、独立の道を歩むことを決心しました。

と記載されています。

そのためHAPPY MILLION FILMSさんで提供される記録映像は、結婚式だけではなくその準備段階にも着目し記録を残してくれます。
普段のデート風景や記念すべきプロポーズの瞬間など、結婚式を迎えられるまでの新郎新婦の姿も合わせて、1本の作品がまるで映画のように作り込まれています。これまでも、これからもを大切にしてくださる姿勢は、新郎新婦に寄り添う気持ちの現れではないでしょうか。

HAPPY MILLION FILMSという社名が「幸せがありとあらゆる人々に沢山届いて欲しい」という願いを込めて付けられたところも、人の幸せを第一に考えられている代表 福万さんの人柄が感じられます。

【出典:HAPPY MILLION FILMS公式サイト

一眼レフカメラならではの映像美

【出典:HAPPY MILLION FILMS公式サイト

一眼レフでの撮影は、近年人気となっていて結婚式場でもプランナーから薦められた人も多いかもしれません。

ほんのこの数年で、結婚式にも多く取り入れられるようになった一眼レフでの記録撮影。その魅力は何と言っても画質の美しさ。印象的なボケ感とでもいいましょうか、撮影したい焦点にピントを合わせれば、その後ろはぼやけています。だからこそ、ピントのあっている部分が印象的に目に入り、より美しさやオシャレな雰囲気を感じることが出来るんですね。
正に映画のワンシーンのように…。

しかし一眼レフでの映像撮影は、撮影中のレンズ交換や、撮影したい焦点が移動するに合わせて都度ピントを調整する必要があるなど、撮影技術に高度なテクニックが必要とされています。
そのため、オシャレな記録映像を残したい!と注文をしたとしても、その技術を持ったカメラマンが撮影するかどうかが大きなポイントとなるのです。

一眼レフでの記録撮影は、カメラの機材知識や操作技術、撮影した映像の編集センス、そして結婚式の現場を知っている経験といくつものスキルを兼ね備えているカメラマンでないと難しい商品といっても過言ではありません。

その点、HAPPY MILLION FILMSさんはサンプル映像を見ていても充分に伝わる通り、人生の節目を撮影していただくには充分安心出来る知識や技術、そして長年結婚式の映像を撮り続けてこられた現場感も伝わる間違いのない作品を残してくださいます。

一生に一回のことですので後悔のないように、一眼レフでの映像を残したい場合には、撮影するカメラマンを一番重視して商品を選ぶことをおすすめします。

まとめ

今回は、結婚式の映像制作会社HAPPY MILLION FILMSさんについてご紹介しました。
記録撮影は結婚式が全て終わったあと、数ヶ月先の納品で確認するものです。
そのため、後で作品を見て後悔しても取り返しは付きません。だからこそ、記録映像や当日撮影のエンドロールを購入する際には「値段が安いから」とか、「結婚式場で薦められるまま」安易に購入するのは危険です。記録映像の購入は、自分の目でしっかりカメラマンのスキルやセンスを事前に理解し納得した上で購入してください。

名古屋 岐阜 愛知 エンドロールムービー Focus-i Film

お問い合わせ

名古屋 ブライダル ウェディングムービー 映像制作会社

「ホームページを見ました!」とご連絡ください。

岐阜 愛知 結婚式 映像 ビデオカメラマン 

メールのお問い合わせは24時間以内にご返信をさせて頂きます。

関連記事

  1. エンドロール撮影スタッフ募集
  2. 結婚式持ち込み料
  3. 名古屋東急ホテル韓国式挙式 エンドロールムービー
  4. 結婚式やりたくない空飛ぶペンギン社

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP