ウェディングブログ

結婚式やりたくない空飛ぶペンギン社

結婚式をやりたくない人におすすめの結婚式を挙げる方法!「空飛ぶペンギン」って??

<スポンサードリンク>

結婚式をやりたくない、挙げたくないって方は意外に多いようですね!

結婚式を挙げたくない方の理由はいろいろとあると思いますが
私も結婚式を挙げたくないうちの一人でした。

でも、あることに気づき結婚式を挙げたいと思えるようになりました。
自分は結婚式は挙げたくないがパートナーが挙げたいって言われている方や
両親や親族が挙げてほしいと言うなどと言われる方のために
私が結婚式を挙げたいって思えた方法についてお伝えさせていただきます。

ゲストに楽しんでもらえる結婚式、ゲスト参加型の結婚式にする

私が今まで結婚式の撮影やゲストとして参加してくる中で
何が一番嫌だったかというと、

新郎新婦が主役だけど、ゲストは退屈してしまう時間が多かったりしていたのです。

だから、私は結婚式を挙げたくありませんでした。

でも、参加するゲストに楽しんでもらうための結婚式を行おうと考えたときに、
これだったらやりたいと思えるようになりました。

ゲスト参加型の結婚式をすれば、楽しんでもらえるということに気づきました。

そして、私たちが行った結婚式を式と通じて
自分と奥さんの生い立ちや馴れ初め、人となりを伝えるようにしようと思いました。

席対抗のクイズで大盛り上がりした披露宴

私たちが行った結婚式はパワーポイントで自分たちに関する問題を出題しました。
それは、なぜかということ家族は自分たちの大人になってからのことはあまり知らなかったり、
友人たちは自分たちの家族のことを知らなかったりします。

そもそも、新郎側は新婦のことを知りません。
新婦側は新郎のことを知りません。

結婚式のお呼びしたゲストは自分たちにとっては大切な方たちです。
新郎側のゲストであれば新婦と新しい付き合いがはじまったり、逆に新婦側のゲストであれば新郎と付き合いがはじまります。

その時に相手がどういったことをしっかりと伝えていくことで将来的にも
家族ぐるみで付き合いやすい関係ができるかと思ったのです。

新郎と新婦の人となりが伝わり、ゲストも仲良くなった

披露宴で新郎新婦の意外に知られていないクイズを出すことで、
同じ席のゲスト同士も意見を交わして仲良くなったり、
二人のことを知ることが出来てよかったという声を頂きました。

同じ席のゲスト同士が一つのチームになってやっていく
これがさらに盛り上がる秘訣でした。

同じ席に知らない人同士が座るケースもよくありますが
チームで一つのことに取り組むことで話題が生まれて
仲良く楽しく話をしてもらうことが出来るようになりました。

クイズという余興を通じて

自分たち自身のことを知ってもらえた
そして、ゲスト同士も仲良くなれて非常に披露宴が楽しくなりました。

ゲスト参加型の結婚式を自分たちでどうやって作り上げたのか?

私たちは結婚式をどうやって参加型のものを作りあげていったのか?

1、どんな結婚式にするかを話し合う

私自身は結婚式に参加して面白かった経験がなかったので
どうせやるのであれば

「来ていただいた方に楽しんでもらう」
「ゲスト同士が仲良くなってもらう」

ということを大切にしていきたいと思いました。

彼女も

「ゲストが笑ってもらえる」
「ゲストに余興やスピーチはお願いしたくない」
「自分たちがおもてなしをする」

ということを大切にしていきたいということで、

テーマは
「ゲスト参加型で自分たちが楽しんでもらえるようにおもてなしをする」

ということを考えました。

2、どういったことをするか?どうすると楽しんでもらえるか?

次にどういった形でゲストに参加してもらおうかということを考えていきました。

ゲスト参加型の披露宴にして

・私たちの人となりを知ってもらえるようなものがいい
・同じ席に知らない人たちが座るのでその人同士も仲良くなってもらいたい、話すきっかけを作りたい
・とにかく楽しんでもらいたい

でも、あまり時間はかけれないので難しいことや準備が大変なことはやめておこう。
ということを前提に考えていきました。

そうしたところ

自分たちにまつわるクイズを出題して、
各卓ごとでチーム対抗戦がおもしろいんじゃないか?

ということになり。
準備をしました。

3、クイズによって自分たちのことを知ってもらえるか?

ゲストが楽しみながら自分たちのことを知ってもらうことを
どうやってクイズによって伝えていくか?

クイズの内容を考えるのが非常に大変でした。

自分たちのことをクイズで伝えていく

そして、ゲストが意外に知らないけど
こういった人たちなんだ~ということが
伝わるのか考えるのが大変でした・・・涙

自分たちが考えたクイズの内容は

二人が付き合ったきっかけエピソードが面白かったので
彼女に告白した回答を4択形式で出題したり、
彼女自身が人生で一番高いものは何?という問題を出したり、
二人の新居のルールを問題にしたりして
どういった感じの二人なんだろう?

そして、面白エピソードもクイズの回答時には話をして
ゲストにより自分たちってこんな感じの人だよってことを伝えれるように努力しました。

実際、結婚式の評判はどうだったか?

友達には今までに無い結婚式で良かったと言っていただけました!

自分たちが狙った通りに「ゲスト同士」仲良くなってもらいました。
そして、私は新婦側の列席者に自分がどんな感じの人間か知ってもらえることが出来たように思います。

実際、結婚式をした自分たちも非常に楽しくあっという間に披露宴が終わりました。

二人で「つまらない結婚式にするのは嫌だよね・・・・」って話をして
参加型の結婚式を行って本当に良かったです。

<スポンサードリンク>

準備に時間はかかったのか?

一から自分たちで内容、企画を考えて、
パワーポイントやクイズの構成、曲の選曲などやらないといけないことは増えてしまいました。

でも、ゲストの皆さんが喜んでもらえると思って自分たちで作り上げました。

ただ、私の場合は結婚式の業界に携わっていて、
結婚式場との打ち合わせも極力少ない回数で行ったり、
メールのやりとりで済むことはそれで終わらすようにしていたので
比較的スームーズに行うことが出来ました。

自分たちで参加型の結婚式を作るのは少し慣れや経験が無いと
ただでさえ結婚式の準備をすることで大変なことがありますので
難しいかもしれません。

でも、ここまで読んでいただいた「参加型結婚式もいいな」って思っていただいた方にお勧めな会社さんがあります。

ゲストを一番に考えるウエディングプロデュース会社

実際にゲスト参加型でゲストに楽しんでもらうことを一番に考えている
結婚式のプロデュース会社さんもいらっしゃいました。

「結婚式を挙げたくない」、
「結婚式なんか参加してもつまらない」と考えている新郎新婦さんのために
あるような会社さんです。

空飛ぶペンギン社」というウェディングプロデュース会社さんです。

新郎新婦よりもゲストを1番に考えている、ゲストに楽しんでもらうことを1番に考えています。

 

そこにとことんこだわっているから
ゲストも印象に残って、参加したゲストがまた空飛ぶペンギンさんに依頼したいという声があるくらい楽しい結婚式になるそうです。

前代未聞!新郎が勇者!?RPG結婚式

こんな結婚式を挙げたこともあったそうです。

新郎が二度目の結婚式でそこまで結婚式を挙げたくなかったそうです。
そして、新郎さんに話を聞くと「ドラゴンクエスト」が大好きということで
新郎が勇者になって、結婚式の進行を進めていくそうです。

新郎さんの人生をドラクエのストーリーにのせて披露宴を進行!

新郎さんは離婚して、人生のどん底でした。。。。

披露宴はそんなところからスタートするのです。

オープニング映像が流れます。
ドラクエのドット映像でとことんこだわった映像です。

新郎さんの離婚どん底からスタートします。

そして、披露宴の中で僕と新しい旅をしてくれませんか?と
新婦に告白をして、一緒に歩むパーティーになってもらったり、
一緒に難関をクリアして結婚をしていくという流れになります。

新郎が真の勇者の旅になるためにストーリーを構成しています。

そして、ゲストは勇者に無理難題を出題するスライムなどの敵キャラです。

例えば、入場シーンでは

「煙草を吸わないか?」など本人にとって大変な質問を投げかけます。

ゲストが勇者っぽい答えかゲストが判断。

ゲストは勇者を育てていくって感覚なんでしょうか?
非常に楽しそうですね~!!

ゲスト参加型の結婚式を行いたいとおもれた方は
全国どこで対応頂ける
空飛ぶペンギン社さんにまずはご相談してみたください。

空飛ぶペンギン社さんのWEBページはこちら

名古屋 岐阜 愛知 エンドロールムービー Focus-i Film

お問い合わせ

名古屋 ブライダル ウェディングムービー 映像制作会社

「ホームページを見ました!」とご連絡ください。

岐阜 愛知 結婚式 映像 ビデオカメラマン 

メールのお問い合わせは24時間以内にご返信をさせて頂きます。
<スポンサードリンク>

関連記事

  1. 結婚式オープニングムービー業者
  2. 東京 エンドロール撮影
  3. ファーストフィルム結婚式

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

▼スマホ1台でムービーを作る方法▼

<余興ムービー制作会社>

<スポンサードリンク>

おすすめエンドロール

名古屋 撮って出し エンドロール

持ち込みエンドロールでお客様が大満足!詳しくはこちら
PAGE TOP