プロポーズを失敗しないために押さえておきたい6つのポイント


これからプロポーズをしようと思っている皆さん、安心してはいけません。

お付き合いをしているからといって、必ずしもプロポーズが成功するとは限らないのです。

寂しい話ですが…。
プロポーズを失敗してしまうことも多くあります。

まさか…と思っていても、これは誰にでも起こりえてしまうこと。
そこには、いくつかの理由があるんです。

一世一代の大勝負であるプロポーズを成功させるために!
今回は、プロポーズを失敗しないためのポイントをご紹介します。

 

プロポーズの失敗は意外に多い

相思相愛のお付き合いのはず。
ならば、プロポーズを失敗してしまうなんて、まさか…。

しかし、残念ながらプロポーズを失敗することは珍しくないといいます。
なぜ、そんなことになってしまうのでしょう…。

意外な事実!46%がプロポーズで失敗!

とあるデータでは、
プロポーズを失敗してしまう確率は46%もあるといいます。
つまり、プロポーズをした人の半数近くは失敗してしまう!!

これは予想外の数字ではありませんか?

お付き合いをしているなら、必ずその先にある結婚を見据えているはず…。
と、思いきや、半数近くの人がプロポーズを失敗しているだなんて…。

しかし、プロポーズを失敗してしまうのは、様々な理由があるようです。
それは後程ご紹介していきましょう。
ここで、大切なのは、その半数の失敗に自分が入らないために、今何が出来るかということですね。

プロポーズを失敗して別れるカップルも沢山いる

もちろん、彼女も彼がプロポーズとするということは、それなりの覚悟が合ってのことだと分かっているはず。
にも関わらず、断るとなるとその後気まずくなってしまうのは当然のことですよね…。
彼女と結婚への意識にズレがあることが明確になったワケですから。

そこでアナタなら、このハードルをどう乗り越えますか?

 

キッパリ別れる

彼女のためを思って、シチュエーションを整え、プレゼントも準備。
勇気を振り絞ってプロポーズしたのに、断られるなんて…。
お互いの思う結婚のタイミングが違うなら、それを理由に別れを選択するひともいるようです。

 

断る理由をとことん話し合う

彼女は、どうしてプロポーズに「YES」が言えなかったと思いますか?

1彼への気持ち

・結婚する程好きじゃない
・結婚するには引っかかることがある
などが理由でしょうか?

2 彼女の都合

・まだ仕事に打ち込みたい
・しばらくは子供が欲しく無いから、結婚しなくても良い
など、彼女なりの理由があるのでしょうか?

大切なプロポーズを断るということは、もちろん彼女に何らかの理由があってのこと。
彼女の気持ちに少し耳を傾けてみませんか?

 

もう一回プロポーズをする

失敗してもめげずに再度プロポーズに挑戦する!

そんなストイックさも、アリだと思います。

その熱い気持ちに押されて、OKがもらえる可能性もありますからね。

女性は「思う結婚より、思われる結婚の方が幸せになる」なんて話もありますし。
ただし、しっかりと失敗の理由を踏まえておかないと、失敗の二の舞になってしまうかも…。

プロポーズ 結婚 披露宴 アイディア

プロポーズの失敗理由!ポイント6選

彼のことが好きじゃないのに、お付き合いしているひとなんて、いない!…はずです。

ならば、どうしてプロポーズが失敗してしまうと思いますか?

それには、些細なこと?
いえ、女性にとっても大きな理由になり得るこんな失敗理由が隠されています

プロポーズをする前に知っておいてほしい、代表的なプロポーズ失敗理由を6つご紹介しましょう。

シチュエーションがダメ!ムード一切なしのプロポーズ

プロポーズにはポイントが3つあります。

「言葉」「プレゼント」そして、「シチュエーション」

どんな素敵な言葉で、記念になるプレゼントをもらったとしても、
それが「良くないシチュエーション」なら、全ては台無しです。

プロポーズとは、彼彼女どちらにとっても「特別なこと」。

だからこそ、シチュエーションは「特別感」があって欲しいものです。

つまり、日常の場である、電車の中や交差点での信号待ちなど、
「ながらプロポーズ」は避けておきたいシチュエーション。

一方、綺麗な景色や気持ちの落ちつく空間、静かな環境は特別感を感じますよね。

やっぱり、非日常なシチュエーション作りがあって、言葉もあって、プレゼントも
この3点セットは、プロポーズを成功させるためには必須アイテムといえるでしょう。

言葉が曖昧!?えっ、それってプロポーズ?!

プロポーズは「ハッキリ明確に」が大切。

そして「曖昧」は、プロポーズにとって最低なキーワードです。

「え?今のどうゆうこと?」
プロポーズの瞬間、彼女に少しでも思われてしまったのなら…。

それは、プロポーズ失敗へ大きく前進をしてしまった瞬間です。

曖昧な言葉は、プロポーズを失敗させるだけではありません。
曖昧な言葉しか言えないという彼の煮え切らない態度。
それは、いざというときに決めきれない「頼りなさ」も感じ、結婚相手としては不安を感じてしまいます。

プロポーズするときには、はっきり「アナタと」「結婚」「したい」という意味のこもった言葉のチョイスが必要です。

ありがち!真剣になると笑ってしまう…

プロポーズのシチュエーションは最初から最後まで、気持ちを込めて真剣さを貫いてください。

いつも、楽しく笑ってばかりのカップルでも、真剣な場が苦手な彼も、
こんなときばかりは、真剣にすることが大切。

いざというときニヤニヤしてしまう彼…。

折角のプロポーズを「ふざけてるの?」「真剣に思っての話し?」

彼女は動揺するどころか、怒りすら覚えてしまうかもしれません。
いつもはオチャラケばかりな彼でも、大切な場面は、誠意をもって真面目な態度を見せることが大切です。

変な理由をつけて結婚しようって言われても

「結婚しなきゃいけない」からプロポーズするのか、自分が「結婚したい」からプロポーズするのか…。

本意がどこにあるのか分からないプロポーズはNGです。

「結婚しなきゃいけない」というのは、自分の意志ではなく、何らかの理由があっての「結婚」ですよね。

例えば、転勤。
「転勤が決まったから、結婚しよう」なら、転勤がなきゃ結婚しなかったの?
結婚したいという本人の気持ちはある?と疑念をもたれがち。

「離れてしまうのは悲しい」「ずっと一緒にいたいから」と、
「彼女のことを大切に思っているからこそ」の言葉を添えて、「一緒に付いてきて欲しい」と伝えて欲しいですね。

対外的な理由ではなく、自分の気持ちが理由で「結婚して欲しい」と言葉にするのを忘れないでおきましょう。

あなた養ってくれるの?経済的に不安です

現実問題、結婚生活をつづけるには「お金」は必要です。

意外と、女性は「お金」の問題についてリアルに考えているもの。

一緒にいて楽しい♪と思っているお付き合い時代とは違い、
一生一緒にいるかもしれない「旦那様」には、やはり経済力を求めています。

また、経済力とは「安定した収入」だけではありません。

彼の「お金に対する価値観」もチェック!
趣味に多額のお金をつぎ込んでいませんか?
今、お金の掛かる趣味があるとしても、結婚したらその趣味をやめることは出来ますか?

プロポーズを失敗させないためには、経済的な不安要因をプロポーズ前に解消しておきましょう。

どっかで見たことがある!そのプロポーズって誰かの真似!?

プロポーズは、ワタシタチにとって「特別」でありたい…。

にも関わらず、
「それ、前にドラマでやってたよね?」「動画でみたことあるけど」と思われた時点でアウト。

参考にするのは良しとしても、そのままコピペをしてしまっては「何も考えてくれない」彼にガッカリです。
彼女のことを思うなら、彼女が喜ぶプロポーズが自ずと見えてきませんか?

まとめ

いかがでしょうか?

「ちょっと自信がないかな」「恥ずかしいから」などの気持ちに隙があると、それは言葉や態度に出てしまいがち。
そして、それはプロポーズ失敗の大きな理由になるのです。

プロポーズを失敗させないためには、彼自身の彼女に対する真摯な気持ちを態度に表すことが大切です。
アナタのまっすぐな気持ちが、彼女の心に届くように願っています!


1 comment

コメントを残す