5万円以下でドレスを買う方法!ナゼ可愛いのに安い?その理由と選び方のコツ☆


結婚式を挙げるプレ花嫁にとって、一番のメインアイテムとなるのはやはりウェディングドレスですよね♪

しかし、そのウェディングドレスはゼクシィトレンド調査によると、ドレスレンタルの費用平均は25万円!
更に、カラードレスも一緒にレンタルしたら、さらに平均ドレスレンタル代は22万円!
合計で、約50万円にも!

そんな中、今注目されているのが格安ドレス☆
一生に一回の結婚式だから、こだわりたい…でも、費用のことも気になる。

今回は、そんなプレ花嫁にオススメの格安ドレスについてご紹介します。

■安くドレスを購入するメリット

1・着る回数

海外で挙式をした後に、国内でウェディングパーティー。
親族だけで、食事会をした後に、友人中心のパーティーなど、1回の結婚式のためではなく、複数回使用することがありますね。
そんなとき、何度もレンタルして何十万円の負担になるよりも、購入し、更にそれが5万円以下なら、尚のことかなりお得ですよね!

2・着る場所

ドレスは、結婚式場の中だけで着るとは限りません。

例えば、前撮りのメリットは、ゆっくりいろんな場所で撮影を出来ることです。
それが、公園だったり、海辺だったり…。撮影場所によっては、ドレスをかなり汚してしまう可能性があります。
もし何十万円も出してレンタルしたドレスなら、レンタル代だけではなく、汚してしまった場合のクリーニング代は数万円必要になってきます。

それに引き換え、ドレスを購入した場合には、自分でクリーニングに出すことが出来ます。
通常、ドレスのクリーニング代は程度にもよりますが、¥5,000〜¥15,000程度です。

ドレスの購入代、クリーニング代、どれをとっても購入するメリットはある!ということですね♪

■なぜドレスが格安で購入出来るの?

同じ「ウェディングドレス」なのに、片やウン十万円。
一方では、5万円以下だなんて…。

なぜ、このような安価な価格が実現するのでしょうか?
実は、その裏には4つの大きな理由があるからなんです。

1・素材

ドレスの素材は、こだわりを持てば、ドレスの端々までこだわることが出来ます。

例えば、ドレス自体の素材。
高級といえば、シルク素材のドレスは動きもしなやかで、触り心地も滑らかです。
そして、シルクのしなやかさに合わせるなら、独特の風合いが保たれているアンティークのレースです。
シルクやアンティークなどのクオリティを使用するには、どうしても金額がグンと上がってしまいます。
これらの高級素材の使用を避けることにより、安価が実現するんですね!

素材の違いは、じっくり見比べてみないと分からないことも多いです。
こだわりの優先順位が、素材よりも値段!であれば、問題無しですね!!

2・生産量

「オーダーメイド」や「セミオーダー」などドレスを制作する際に、「アナタのためのドレス」であれば、もちろん金額が上がってしまいます。

一方、安価に販売されているドレスに関しては、多くは大量生産されているものです。
しかし、同じデザインのドレスが大量生産されているからといって、その結婚式会場には新婦はアナタひとり
大量生産されているとはいえ、同じデザインのドレスを着た新婦同士がバッティングすることは無いことなので、心配はないでしょう♪

3・生産国

商品の価格を決める際に、大きなポイントとなるのが、その生産に掛かった人件費と運搬費です。

安価なドレスが生産されているのは、主にアジア圏。
そう、ウェディングドレスも同様に、人件費などを削減することにより、可愛いドレスも安く販売出来るということですね!

4・宣伝方法

結婚式関連の宣伝方法は、主に結婚情報誌などが主になっています。
しかし、情報誌の広告費はかなりの経費負担に…。

そんな中、安価なドレスを販売しているショップの多くは、ネット通販を上手く利用しています。
そうして、情報誌へ掛ける広告費の負担を削減しているんです。
安価なドレス販売が実現出来のは、そんな工夫もあるんです♪

5万円以下でドレスを買う方法!ナゼ可愛いのに安い?その理由と選び方のコツ☆5万円以下でドレスを買う方法!ナゼ可愛いのに安い?その理由と選び方のコツ☆5万円以下でドレスを買う方法!ナゼ可愛いのに安い?その理由と選び方のコツ☆

■安価なドレスを買う際の注意点

安くドレスを買おうと、ネットショッピングを利用した場合には、2つの注意点があります。

1・ネット掲載の写真と実物とに差がある

やはり、お店側としてはより良くドレスを見せて買って欲しい…。
と少なからずも思いながら、ホームページに写真を載せています。

実際手に取ってみると、ちょっとイメージと違うかな…ということも有り得ますよね。
そんなことが万が一起こってしまったとき、もし返品や交換であれば、海外経由になるとどうしても時間が掛かってしまいます。
ネットショップでドレスを購入する場合には、結婚式から日程に余裕を持って購入しましょう。

2・サイズが分かり難い

普段着なら「いつもはMサイズだから」と気軽にネットショッピングも出来ますよね。

でも一生に一回の結婚式しかも、胸回りや腰回りなど、普段着選びとは違った注意を多く払わないといけません。
出来れば、サイズ交換を柔軟に対応してくれるショップ、もしくは、試着サービスなどを積極的にアピールしているショップを選びましょう。

■ウェディングドレスを安く買う方法

では、実際に格安でウェディングドレスを購入するのなら、どんな方法で購入出来るのでしょうか?

1・ネットショップ

一番手軽な方法としては、やはりネットショップでの購入です。

◎メリット◎
ネットショップの一番のメリットは、やはり「種類の多さ」ですよね。
価格にこだわりをもつなら、より比較しやすい購入方法です。

◎デメリット◎
デメリットとしては、前述の通り試着が出来なくて、サイズが読みにくいこと。
時間の余裕を持って検討しましょう。

2・オークションサイト

意外と美品が多く、オススメなのがこのオークションサイトです。

◎メリット◎
海外挙式などで、ブランドドレスを購入し、その後オークションに出品されているなんてこともあります。
使用回数もかなり少なく、美品が出品されていることもあります。

◎デメリット◎
やはり、同じようにインターネットを通して購入するため、サイズ感がわかりにくいです。
もちろん、試着も出来ませんので、サイズが合わなかった場合など、出品者としっかり確認をとりましょう。

3・百貨店特設会場
不定期ではあるものの、穴場の格安購入方法はコレ!

◎メリット◎
安いのに、試着が出来て購入出来るのがメリット。
しかも、期間限定ながらも一度にまとめて数多く出品されているので、掘り出し物のドレスに出会えるかも!?
また、合わせてタキシードも展示販売されているので、新郎新婦分合わせてお得にゲット出来る可能性もあります。

◎デメリット◎
デザインが型落ちしているものが多く見受けられます。
もしデザインにこだわりがある場合には、ちょっと難しいかも…。

 

■まとめ■

一生に一回の結婚式だから、ドレスにはこだわりたい!
でも、予算にもこだわりたい!!

そんなプレ花嫁の揺れ動く気持ちを解決してくれる、5万円以下なのに可愛いドレス♪

それを実現するための一番のポイントは、時間に余裕を持って探すこと。
ギリギリになって焦って決めてしまって、後で後悔…。なんてしたくないですよね。
ドレス選びには、時間にも気持ちにも余裕を持って楽しく選びましょ♪


+゚ ゚*。*⌒*。*゚*⌒*゚*。*⌒*。*゚*⌒*゚*。*゚*⌒*゚*。*゚*
結婚する二人にプレゼントのお知らせ
+゚ ゚*。*⌒*。*゚*⌒*゚*。*⌒*。*゚*⌒*゚*。*゚*⌒*゚*。*゚*
・自分たちらしさを演出したい。
・結婚式の費用を抑えたい。

などの声を頂き、
ご自身でスマホ1台で生い立ちムービーが自作出来る
マニュアルをプレゼント中です。

生い立ちムービーを自作する方法 スマホアプリで簡単制作

無料プレゼントはこちら

たった、90分で動画作った人も続出中!

LINEで「ともだち追加」いただくと
もれなくこちらでもプレゼント実施中。

↓スマートフォンの方はこちらより追加ください。
友だち追加数

 

↓PCで閲覧の方はスマートフォンでこちらを読み取りください。

+゚ ゚*。*⌒*。*゚*⌒*゚*。*⌒*。*゚*⌒*゚*。*゚*⌒*゚*。*゚*
結婚式を失敗しないために
+゚ ゚*。*⌒*。*゚*⌒*゚*。*⌒*。*゚*⌒*゚*。*゚*⌒*゚*。*゚*

結婚式の式場に依頼するのは要注意!

本当信頼できる業者かしっかり確かめてから依頼をして下さい。

結婚式の演出を失敗しないためのポイントこちら

 

 

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.


2 comments

コメントを残す